明けましておめでとうございます!

ずっと使っていたJForex(Ver2)が21017年12月31日で使えなくなりました。
よって今年からはJForex3を使わなくてはいけません。

人によってはJForex3へ移行手続きをしなくてはいけないでしょう。

私もずっとJForexを使っていたのですが、それには理由があります。
それはJForexで作ったカスタムインディケータがJForex3では単純に使えないからです。

その原因を調べるのが面倒だったので、ずっとJForex(Ver2)を使っておりました。

そこで今回移行するにあたって原因がわかりましたので、皆さんにシェアします。

JForex2では、カスタムインディケータを作る時、startindexが0ですが、JForex3ではstartIndex == getLookback()となります

startindexというのは何かというと、カスタムインディケータが計算を行う時に必要な最初の要素なのですが、

JForex2のときは、

が返されていました。

しかし、JForex3の時は、

となります。Lookbackというのは計算するのに必要な要素数ですね。

ここを意識して上手く修正しないと、JForex2で作ったカスタムインディケータはそのまま使えません。

JForexWikiは結構ここらへんが上手く修正されていないところがあり、例えば、

https://www.dukascopy.com/wiki/en/development/indicator-api/examples/indicator-that-uses-the-output-of-another-indicator

上記の他のインディケータを使ってインディケータを作るプログラムのwikiの場合、最後のサンプルプログラムは修正(JForex3バージョン)されているのですが、説明文は修正されていません(JForex2バージョン)。

よって、JForex2とJForex3は完全な互換性があるわけではないので、ここらへんをもう一度、テストしながら使った方が良いかなと思います。

私は上手く移行ができました^^

管理人オリジナルJForexツールが貰える!デュカースコピーキャンペーンについてはこちらから