私はDukascopy(デューカスコピー)とOANDAプロコースの比較をずっとやっています。

ほぼ同じぐらいの資金を回しているのですが、1つ見えてきたことがあります。
これはあくまで私の意見ですので、ストラテジーによって結果が変わってるくる可能性もあります。

手数料18円トレーダーの場合、Dukascopyの方がキャッシュバック分(約0.072pips分)条件が良い可能性が高い

FXの場合、価格が一様ではないので、ストラテジーによってこの時期はこのブローカーが良くて、この時期は違うブローカーが良いということが起こりえます。

それはOANDAプロコースとDukascopyでもこの一年通してそういうことがありました。
ただやっていると大体同じになることを感じております。

Dukascopyの手数料18円のトレーダーの場合、OANDAプロコースと単純計算では互角であるということが言えるなぁと最近感じております。

ただ、1つ言えることがあります。

それはDukascopyにはキャッシュバックがあるということです。

Dukascopyディスカウントキャンペーン

この前も前回に引き続きDukascopyから、1、2ヶ月ぐらいのトレードで約2万円のキャッシュバックを貰いました。
その間のOANDAプロコースと、Dukascopyの成績はほぼ互角。

ということはこの2万円のキャッシュバック分、1年で通したら私の場合15万円分ぐらい、Dukascopyの方が有利な条件だということが言えそうです。

つまり、手数料18円以下のトレーダーの場合、OANDAプロコースより、Dukascopyの方が多分良い成績が生まれるでしょう。

逆に言えば、手数料25円以上のトレーダーの場合は多分キャッシュバック付きで互角、単純なトレードではOANDAプロコースの方が条件が良い可能性があります。

それでも分散はした方が良いと思います

私の場合は、明らかにデューカスコピーの方が条件が良いです。
でもブローカーの分散をしています。

なぜなら、いつ第2のスイス・フランショックが起こるかわからないからです。
OANDAとDukascopyは両方共、前回のスイス・フランショックでは好対応をしました

でも次回はどうなるかは誰もわかりません。

私がOANDA東京サーバーをいくら条件が良くても使わないのは、自分で検証したこともありますが、今の東京サーバーの状況を見ていると、第2のスイス・フランショックの時に流動性が確保できるか正直不透明だからです。

そういうところはいくら条件が良くても使いません。

しばらくは、DukascopyとOANDAプロコースを併用して使う日々になりそうです♪

管理人オリジナルJForexツールが貰える!デュカースコピーキャンペーンについてはこちらから