ECNとはFX会社が途中に入らない、電子的市場間取引。よってFX会社の恣意性が取り除かれ透明性が高い。

多くのFX会社というのは、DD方式といい、その注文を、カバー(インターバンクに流す)するか、どうかということを手動や自動で選ぶことをしています。
つまり、自分がした注文に対して、それが顧客にとって本当に良いものかどうかということがわからないのです。

一長一短ではありますが、DD方式では、利益がでない顧客の注文はカバーしないということが普通のことにように行われています。
(それによって低スプレッドがありえるのですが)

ですが、DukascopyはECNという透明性のある取引方法を採用しています。

スイスFXマーケットプレイスという電子的市場の存在、実際の注文がわかる板情報、NDD方式の素早い約定

ecn-swfx

これはある意味、東証のような透明性のある株式市場が存在するのと同じです。

DukascopyではこれをスイスFXマーケットプレイスと読んでいます。

つまり私達はDukascopyを利用することによって、スイスFXマーケットプレイスという透明性の高い市場で取引することができるのです。

もちろん、注文がオープンになっているので、板情報が見れます。

板情報というのは、売りと買いの注文の情報がわかる状態ですね。

そしてNDD方式という注文が直接スイスFXマーケットプレイスへ行く仕組みなので、素早い約定が行われます。

よって、透明性を重視するトレーダーにとって、Dukascopyは価値のあるFX会社と言えるでしょう。

管理人オリジナルJForexツールが貰える!デュカースコピーキャンペーンについてはこちらから