JForexで100万通貨(10ロット)強ぐらいの成行注文をすると、7回に1回ぐらい注文が分割されます。
(あくまで私の例で、板が厚い時間帯のみのトレードの方はまた確率は違うと思います。)

10lot

この場合は一番有利な113.947で100万通貨ぐらい注文が通っていて、11.945で約5万8千通貨ぐらいが約定されます。

これは株やJForexやっている人にとっては当たり前なんですが、FXやるにいたってこの忘れ去られている感覚ってすごく大切だと思っております。

市販のスキャルピングEAが購入者が増えれば上手くいかなくなるのは当たり前

今、FXでは様々なEA(自動売買ソフト)が売られています。

特に人気なのはスキャルピングEAです。

日本の某大手EA販売サイトで人気なものですと、500人~1000人ぐらいが購入しております。

でも先ほどの例をだすと、1個人が単純に105万通貨単位の注文しただけで0.2pipsすべてっています。

小口注文が多いとしても、これで500人が同じ注文したらどうなるでしょうか?1000人が同じ注文をしたらどうなるでしょうか?

3~5pipsぐらいのトレーダー効果が生じてもおかしくないはずです。
(シストレ業者が3pipsぐらいのスプレッドなのはそういう理由もあります)

もちろん注文を呑んでるFX会社も多いでしょう。
(日本のFX会社のカバー率、インターバンク市場に流す率は金額ベースで約50%だそうです)

でもスキャルピングEAに限らず、市販のEAはそういう可能性と隣り合わせだということを忘れてはいけないと思っております。

結局は自分で考えいった方が力がつく!

この前、デューカスコピー社のセミナーでお会いした方にストラテジーの販売を行っているJForexStoreについて教えてもらいました。

私はよくそのJForexStoreについては知らないのですが、

二人とも「人の販売したストラテジーを買うとかありえないよね」という話をしていました。

なぜかというと二人とも投資歴が長いので、結局は自分で考えいった方が力がつく!を身に染みているのだと思います。

人間は楽をしたいです。

ですけれど、楽があるとすれば、自分で経験を積んだ後の成長曲線なんでしょうね。

P.S.
結論が当たり前すぎてすみません(笑)

管理人オリジナルJForexツールが貰える!デュカースコピーキャンペーンについてはこちらから