最近、デューカスコピー社やJForexと出会い、他のFX会社との比較をずっとしてきているのですが、そこで感じるのはチャートの美しさです。

チャートシステムとか、JForexのシステムとかどうとかいう以前の、価格が出している形という意味です。

何言ってるの?って感じだと思いますが(笑)、私自身のトレーダーとしての感覚ですので、これ読んでくれる人の100人に1人でもわかってくれたらいいなぁと思った感覚なのですが、これまでずっと汚れたチャートを使ってきたんだなぁと切に実感するのです。

もちろん、今まで他のFX会社さん使っていて、すごくお世話になっていたので感謝しかないのですが、それでもやっぱり感じてしまうんですよね。
(他のFX会社を使われている方は、そちらでももちろん利益が出る人は出るので安心してください。これは私の感覚の話なので)

いかにバイアスを入れずに価格と接することができるか?

私たちメカニカルトレーダーにとって、一番大切なものは真摯さだと思っています。

つまりデータとして流れる、それぞれのテクニカルや、価格の流れに対して、いかにそこにバイアスを入れずに、しっかりとその流れを見れるのか。

例えば、20本のローソク足で、そのMIN-MAXでブレイクシステムを作ったとして、エントリーをいれるというシステムを作った場合、そのブレイクアウト手法が有効かどうか以前に、チャートの透明性が大きいと思うんですよね。

果たしてそのブレイクアウトポイントは、ブレイクアウトポイントであると言えるのだろうか?

そこが、少なくとも、デューカスコピー社は他の会社と比べて良いのではないかと思っております。

固定スプレッドのBidチャートって考えてみたらやっぱりおかしいよね・・・

固定スプレッドってトレーダーにとってはいいなぁって普通思うんです。

もちろん、そういう条件でお世話になった会社もあるので、使っている人はそれで良いのだと思いますが、考えてみたら、固定スプレッドにした場合、チャートがおかしくなるよなぁって思いました。

というのもBidとAskのスプレッドというのは常に動いているわけで、それを人工的に固定させたら、やっぱりチャートがおかしくなるよなぁと思った次第です。

そんなチャートで取引したら、やっぱり価格にバイアス入りまくりで、テクニカル以前の話になるんじゃないのかなぁと切に思いました。

ということで、しばらく、デューカスコピー社のお世話になりそうです(笑)

管理人オリジナルJForexツールが貰える!デュカースコピーキャンペーンについてはこちらから