昨日は、デューカスコピー社開催の、山中康司先生の講義を主体とした

「勝者になるための新たな方法-最新版JForexを使いこなせ!」セミナー

に参加しました!主に、JForexの基本的な使い方を説明したセミナーだったのですが、
頭が下がる事に、社長様自身がお茶を出してくれたりして、とてもデューカスコピー社の真摯さが感じられるセミナーでした。

そこで、学んだことを書きたいと思います。

①日本撤退はありませんと、社長様が言い切ってくれました^^

結構、外資系の証券会社を使っていて思うことは、撤退してしまうんじゃないのかな?ということだと思います。
名門のシティバンクや、HSBCも日本の個人部門を閉鎖してしまったくらいですから、どうなることか?って皆心配されてるのだと思います。
ですが、社長様に目の前でそう言い切っていただくとちょっと安心したなぁ(笑)という感じでございました。

②JForexの「例外は停止する」はチェックを入れたほうが良い

これは山中先生に教えていただいたのですが、私自身、結構JForexを使っていて、データの変わり目で、上手くリアルタイムのデータが取れず、例外が発生するときが多くて例外処理を一つずつ書いていたのですが、もしかしてそれでトレードが止まるくらいなら無視しちゃった方が良いのかな?なんてことも考えました。
でも山中先生的にやっぱり、何が起こるか怖いのでJForexのやっぱりそこはチェックを入れたほうが良いとのことでした。
また、例外で「try〜catch」構文で例外処理を書くと思うのですが、catchできない例外も結構あるみたいなのでやっぱりそこはチェックを入れた方が良いとのことでした。

③デューカスコピージャパンと、JForex開発部隊は近いところにいるので反映は実はよくされる

デューカスコピージャパンってぽっと出てきたので、デューカスコピー本社があって、その単なる営業支社みたいな感じだろうぐらいに思っていたのですが、どうも山中先生も言っていたのですが、バージョンアップの時は、デューカスコピージャパンへの意見が反映されるのが早いとおっしゃっていました。
もちろん、全てがすぐ反映されるわけではないと思いますが、ちょっと信頼性が増しました。

④リモートストラテジーサーバーは法律的な兼ね合いでちょっと大変そうですが、問題を一つずつ乗り越えている途中だそうです。

リモートストラテジーサーバーを期待されている方が多いと思うのですが、これはどうも法律的な問題があるみたいですね。
でもスタッフさんいわく、問題を一つずつ乗り越えている途中だそうです。
なので、明確な時期がいつあるのかわかりませんが、出す予定ですとのことでした。

まあ、こんな感じですかね^^

私にとってはとても有意義な時間でございました♪

管理人オリジナルJForexツールが貰える!デュカースコピーキャンペーンについてはこちらから