FX初心者が一番に思うことは、スプレッドが低いほうが有利なのでしょうってことだと思います。

そして、MT4等で、バックテストをした場合、スプレッドによって結果が大きく変わります。

というのも、バックテスト上は、MT4というのは、ビットにスプレッドを加えたものをアスクとするので、ビットでストラテジーを創った場合、スプレッドが低ければスプレッド順に結果が順当に良くなるのですね。

でも実際はそうならないのですよ。

というのも、チャートがそもそも違うわけですから、そのビットが生み出す、テクニカルの数値も変わってきます。

よって、あるチャートでは、トレードする場合でも、あるチャートではトレードしないなんてことがあります。

同じブローカーでも、リアルとデモでは違います。

だから自分が創ったストラテジーと、ブローカーのチャートの性質を見て、ブローカー選びをしましょうということです^^

ちなみに、ここのところやっている同じストラテジーでのブローカーの比較テスト、現在手数料込みで、

デューカスコピー > OANDA(プロコース) > OANDA(東京サーバー) > 外為ファイネスト

となっております。スプレッドと結果が逆になっているのが面白ところですよね^^

管理人オリジナルJForexツールが貰える!デュカースコピーキャンペーンについてはこちらから