本当マニアックな企画だなぁと思いながら書いております(笑)
多分、今の日本の場合、JForexを使うだけでもまだレアなのに、なんでわざわざMT4のADXをJForexで再現するのか(笑)

さて前回の記事で、②+DIと-DIをEMA化させる。というところまで行きました。
もう一度復習すると、MT4のADXをJForexで再現するためには


①+DIと-DIを持ってくる。
②+DIと-DIをEMA化させる
③DXを作成する
④DXをEMA化させる

の4ステップを踏まなくてはいけません。
今日は3ステップ目です。

③DXを作成する

実は、JForexにはもともと、DXを表示させるインディケーターが入っています。ですが、MT4のADXの場合は、EMA化させた、+DIと-DIをDX化させなくちゃいけないので、元々入っているJForexのインディケーターとは同じ数字にならないのですね。

本当、需要のないマニアックな企画です(笑)

だんだん、Javaっぽくなってきました^^
Math.absというのは絶対値を求めるメソッドです。

ここではJForexの関数を使うのではなくて、自力で、計算式を書いて配列を書き換えています。
outputs[0]は+DIの配列、outputs[1]は-DIの配列です。

これをイコール以下の計算式でDXを求めているわけです。

そしてこれで、DXを作成するところまで出来ました!

管理人オリジナルJForexツールが貰える!デュカースコピーキャンペーンについてはこちらから