MT4のADXの特徴は、+DIと-DIをEMA化し、そのその上で、DXを作成し、それをEMA化させるということでした。

つまり、


①+DIと-DIを持ってくる。
②+DIと-DIをEMA化させる
③DXを作成する
④DXをEMA化させる

という4ステップを踏む必要があります。

ひとつずつやってみましょう。最後まで出来るかな?(笑)

①+DIと-DIを持ってくる。

これでひとまず、plus_diResultとminus_diResultに、+DIと-DIを持ってくることができました^^

indicatorsProvider.getIndicator

ここで大切なのは、他の変数をインディケーターで計算するときは、 
indicatorsProvider.getIndicator
で呼び出すということです。

setInputParameterとsetOutputParameterをセットして、インディケーターでcalculateする

そして元のデータをsetInputParameterで、計算後のデータをsetOutputParameterでセットして、呼び出したインディケーターでcalculateするということですね。

管理人オリジナルJForexツールが貰える!デュカースコピーキャンペーンについてはこちらから